FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<戯言>
○4月からウチの販売所の店長が受け持つ店舗が1件増えるそうで、そのために私や店長を含めた主力メンバー4人を今の販売所と新しい販売所とで半分に分けるそうです。
私と1人いた専業さんが今のお店に残ることになったのですが、その専業さんは当然今まで店長がやってた仕事をしないといけないわけで・・・・そうすると今まで他の3人でやってた仕事を私1人でやらないといけなくなったわけで(´・ω・`)、
まぁ、さすがにそれは無理なので、ピンチヒッター的に他のバイトさんに手伝ってもらえることになったのですが、それでも手間な仕事が増えたり再度配達区域が変更されたりと精神的に疲れてしまった今日この頃です。


○ツッコミがワインで乾杯で有名(?)な、お笑いの「髭男爵」という2人組が最近お気に入り。


○アニメ「ナルト 疾風伝」では色んなイラストレーターさんに1枚づつ絵を描いてもらって、それをEDで流してるんですけど、今日たまたま見てたら絵の下に「INO」という文字があってビックリ!!
まさかあのエロゲー原画家で有名な「INO」さん!?と思ったら、下の文字ってその絵に映ってるキャラの名前なんですね(*´・ω・`*)ヾ これはとんだ勘違い。
というか絵が小さすぎてよく見えないよ!!画面が凄く余ってるのにどうして一杯に映さないんだろう???


○DS「影之伝説 -THE LEGEND OF KAGE 2-」クリア
法力アップのアイテムを全部取って、術消費量半減のスキルを習得してたので「一閃」や「水鏡」の術が沢山使えて攻略が楽に!
あとはステージ9とエンディングの曲が前作のステージ曲のアレンジでテンション上がりました。それと「雪之介」との一騎打ちのステージ曲もカッコよかったです。ちなみにハードモードをクリアするとサウンドテストモードが出てくるとか。
ステージは全部で13ステージありました。その内ボスが居ないのは最後のほうの2ステージです。
演出とか効果音とか小さいところにコダワリも感じられて、最後までダレずに楽しめました。

そういえばキャラの絵も魅力的なのですが・・・・
http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=6871&c_num=14
この絵描きさんは美脚好きと見た!(・ω・+)
ゲームを作ってたのは「有限会社LANCARSE」というところなのですが、そこの公式ページのトップ絵を同じ方が描かれてますね。






<購入したゲーム>
★DS「超熱血高校くにおくん ドッジボール部」
おにく

南無三!!!!!っと、決死の想いで購入。
とりあえず数週クリアして自キャラチームレベルが8になったあたりまで遊びました。超地雷覚悟で買ったせいか、そこそこ普通に楽しめてる私は変態ですか(´・ω・`)?
ベースはファミコン版で、キャラのドットなんかはそのままというかモーションも少ないままですし、配色だけ綺麗にしただけのような印象なので見栄えは良くありません。
このゲームの問題点は移動&ボールスピードが遅いので地味さが目立つことだと私は思うのですが、逆にそのせいで必殺シュートやボールキャッチが凄く成功しやすいです。
なので黙々とキャッチ→必殺シュートの打ち合い・・・・というふうに単純作業になりがちになってくるところも残念要素ですかね。

コート内に落ちてくる邪魔アイテムと、パンチ&キック行為のオンオフは任意で出来ます。この要素が今回新しく導入されたのですが、正直あまり使いません。
とくにパンチ&キックは敵コート内を自由に行き来出来るわけではないので、センターライン近くの敵に対して攻撃を当ててボールを投げる妨害をすることぐらいしか出来ません。ダメージも1ですし、ボールを当てないと敵にトドメは撃てません。
「放課後クラブ活動」モードで多様するぐらいですかねぇ。

キャラエディットで作れる顔パターンは凄く多いです。(140以上はあったはず) これでゲーム中には登場しない「くにおくん」シリーズのキャラも作れるようになってます。
パラメーターも一応好きに振り分けられて、後は「遠征試合」モードをクリアしていってレベル上げ出来ます。

・・・・まぁ、こんなところでしょうか。
個人的には「まぁ・・・・こんなところかなぁ」ぐらいの感想です。
せっかくの「くにおくん」タイトルなので、「もうドッジボールじゃないじゃん!w」ぐらいのハチャメチャ攻撃やアイテムがあっても良かったと思うんですけどね。
とにかく地味、味気ないといった感じです。




★DS「降魔霊符伝イヅナ 弐」
いずな弐

新品だったのですが約2000円で売られてたので、「くにおくん」が地雷だったときのために滑り止めとして買ってしまったゲームです。「シレン」や「ポケモン救助隊」のようなダンジョン探索ゲームです。
1つめのダンジョンをクリアしたところまで遊んでみたのですが、キャラゲーなのかな?と予想してたよりも真面目に作られてるのでビックリしました。(←失礼)
全滅した場合のデメリットは持ち物&装備品、所持金全額が無くなります。でもレベルはそのままなので難易度は低めかもしれません。・・・・まぁ、私は初めのダンジョンのボスで3階全滅しましたけど(´ω`;)
あとイベント時やゲーム中での攻撃時なんかでよくしゃべりますね。
こっちもまたチマチマと遊んでいこうかなぁと。




★DS「ポケモンレンジャー バトナージ」
てじなーにゃ

今年の映画前売り券の特典・・・・レベル100の「レジギガス」だそうで・・・・・凄く要らないです(TωT)、 普通に「レジギガス」でもあまり嬉しくないのに、レベル100で調教済みって・・・・どう楽しめと?
そして「ゲオ」で購入したら去年の映画の鉛筆が貰えました。

そんなこんなですっかり私の中では行き場を無くしてしまった「バトナージ」です。でもまぁ、「マナフィ」卵と波動弾「リオル」がもらえる(wifi通信で追加ミッションを受け取ることでゲットでき、そのデータをダイヤ&パールに送ることが出来るという仕組み)ので良いですけどー。

ゲーム内容は前作と同じです。
バトルの変更点は、前作ではポケモンを囲む数が例えば「10」と決められてたらペンをタッチ画面から一回も離さずに一気に10回囲み切らないとダメだったのですが、今回はゲージ制(囲む度にゲージが溜まっていき、満タンになると成功)になってて囲んでる途中で一旦ペンを離しても一定時間の間ならゲージが下がらないという仕様に変わってました。
これで少しは冷静にプレイ出来るようになったはず。
あとはフィールド上のポケモンにも攻撃アクションが追加されて、それに触れてしまうと戦闘に入るとは別にダメージを受けてしまうようになってました。






そういえばDS「くにおくん」はどこでも売ってたのですが、DS「バンガイオー魂」をこっちでは全然見かけません(´・ω・`) 出荷数少な目?



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ★刑のひとり言★, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。