FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



作:犬眉毛
素材:紙粘土
アニメキャラを楽しそうに紙粘土を使って作ってるサイトを見たそうで、その影響で実際に紙粘土を買ってきて作ったとかなんとか。
つまり喫煙は、あなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めるということ。


★ブックマーク
●PSP「ヒーローズファンタジア」
http://www.famitsu.com/news/201108/04047887.html
「パーティーは4人で、それぞれの位置が△、○、×、□ボタンに対応しており、押したボタンによって対応したキャラクターが攻撃を行う」ということは、バトルシステムは「ヴァルキリープロファイル」に似たような感じなんですかね。
主人公以外のキャラもパーティーに入ってる画像があるということは、「クーガー」とか「でぼちん」も仲間になるのかな?


★神羅万象
サークルKサイ炎
←がサークルK版。 →が通常。
先日サークルKにもう一度行ってみると「七天の覇者」2弾とカード引換券があったので、4個購入して特典カードも1枚貰ってきました。  まだそこのコンビニでは引換券が3枚程残ってましたよ。
拍手コメントにてカードを提供してくださるとコメントしていただきましたが、今回無事に手に入りましたのでお気持ちだけいただきます!(*>ω<*) お気遣いありがとうございました。


★マクドナルドでトランスフォーマー

金曜日からハッピーセットのオマケが変わったので早速。
簡単な変形の仕組みなのですが、それでも持ってるとちょっぴり嬉しいアイテムだと思います。

そしてこの前映画「ダークサイド・ムーン」も見てきました。
割と早くに緊張した雰囲気になってきて、そこからはほとんどアクションシーンばかりだったので、約3時間の公演時間でも集中して見ることが出来ました。 心臓もドキドキしっぱなしでした(*・ω・*)
相変わらず味方の戦力が凄く少ない状況での戦いでしたが、人間側も大分活躍してて展開も熱かったです。
1、2作目とずっとメンバーにいたキャラがあっさり倒されたりとか結構ショックなシーンもあるのですが、そういえば1、2作のヒロインとは別れてしまったという設定で、今作から新ヒロインになってるのは何故なんでしょうね(´・ω・`)?
あれだけ一緒に協力して戦った仲なのに・・・・。
ということで、映画を見るとこういったオマケアイテムも欲しくなってしまうと思いますし、マクドナルドの人気オマケは意外とすぐに無くなってしまうので気を付けてください。


★DS「オール仮面ライダー ライダージェネレーション」

「仮面ライダー」は好きではあるものの朝元気が残っててテレビを付けたときに放送してたら見たり、玩具のSICシリーズをたまに買ったりする程度なので熱狂的なファンというわけでもないのですが、ゲームとしてちょっと面白そうだなぁと思ってたので購入してみました。

●ゲームのジャンルは「ファイナルファイト」のような横スクロールのベルトアクションです。
ダッシュ移動からのスライディング攻撃が出来たり、弱パンチ強パンチの組み合わせで敵を上に打ち上げて、そこから必殺攻撃で追い討ちという攻撃方法も可能なので、楽しむのに必要な攻撃アクションは揃ってると思います。
●スパロボのように2Dの絵を間接別に動かしてるので、アクションや必殺の演出などもなかなか滑らかです。
「W」ような左右非対称のグラフィックも、キャラの位置が左右入れ替わると色の配置が変わってたりとこだわってます。
●キャラ別に特殊能力があり、それによる攻撃方法の差別化も出来てるので色んなキャラを操作する楽しみがあります。
「カブト」だと「クロックアップ」で周りの動きを止めてその間に攻撃出来るとか、「オーズ」だと全部で6フォームに変えられるので(変わるたびに音声も鳴る)好きなフォームで戦うことが出来ます。
この部分も作った方のこだわりを感じます。
●キャラやシステムボイスが豊富でよくしゃべります。 
ほとんどは声優さんの声に変更になってますが、一部のキャラは番組中の俳優さんのままの声みたいです。
●敵を倒すと経験値とお金が手に入るのでレベル上げしたり、ドーピングアイテムも売ってるのでそれを買うことでキャラを強化出来ます。
これでどのライダーもステータスMAXまで上げられるかと。
●ステージは大きく5つに分かれてて、その中でさらに5つぐらいに分かれてるので数も多い方だと思います。
ステージ選択後に難易度も最大5種類の中から選べて、一番難しい難易度だと敵の攻撃力もかなり上がってるのでやり応えもあると思います。
ちなみに初めは「電王」「W」「オーズ」しか使えませんが、ステージをクリアするごとにキャラが増えていきます。
●「仮面ライダーフォーゼ」もゲスト参加ということで、プレイヤーキャラとして操作出来ます。(※要パスワード)

あくまでゲストということでキャラボイスや超必殺技は無いのですが、「ロケットオン」「ドリルオン」というスイッチの音声はゲーム中でも必殺を使う度に流れます。
●「剣」が「ウェーイ!」言い過ぎで可笑しい。

個人的に気になったところは・・・・・
超必殺技のシーンでは専用の曲か、各ライダーのテーマソングのようなものが流れるとより熱かったかも。
登場ライダーの数が多い分、ボスの数が少なく感じました。
あとこのゲームに限らず2Dのベルトアクションの弱点の部分だと思ってるのですが、プレイヤーキャラと敵キャラの軸を合わせ難い=攻撃を当て難いというところがあります。
キャラ同士が重なりすぎてても攻撃が当たりませんしね。
これを克服するために「餓狼伝説」のように2ラインシステムにしてる2Dベルトアクションもあるので、このゲームもライン分けしてた方がもっとストレス無くプレイ出来たかもしれません。
なので私は必殺の攻撃範囲の広い「W」や「オーズ」をよく使ってます。
ファンアイテムなのかなぁと思いきや十分楽しめる内容になってると思うので、ライダー好きの方には特にお薦めですよ。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ★刑のひとり言★, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。