FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★コンビニ限定の神羅カード
学生の頃からずっとお世話になってる、都内暮らしの先輩に頼んでゲットしてもらいました。
カードの為に朝からコンビニへ買いに行ってくださって、なんとお礼を言っていいやら(・ω・`;)  また甘い物でも送らせていただきます。
この罪悪感は当時PS「闘神伝 昴」を同じ先輩に買ってきてもらったとき以来・・・・。
また、拍手コメントにて今回の限定カードをお譲りしましょうか?と声をかけてくださった方にもありがとうございました。
お気持ち、感謝しております(*^ω^*)ノ
アーク限定あーく限定あるかな限定
サークルK限定の「マジコ」は通常のと同じなので画像は無しで。
他の方に聞いたところではセブンイレブンでは2枚セットになって配られてたのに、サークルKでは限定カードが別々・・・・しかも急遽2枚セットというのが決まったみたいで、それを知らない店員さんが対応に困ってた所もあったとかなんとか。
どうせ通常カードを付けるなら「マジコ」の代わりに「ベルフェリア」をセットにして欲しかった!


★くら寿司
くら寿司限定の「宇和島みかんぶり」というのが食べたくて先日行ってきました。 ほんのりミカンの風味がするブリだとか。
まぁ、食べたんですけどミカンの味はしなかったというか・・・・物にもよるんでしょうけど、ブリにミカン汁をかけて食べても良いんじゃないかなぁと。 そうなるとポン酢かけて食べる感じになってしまうのか(´・ω・`)
くらぱっけくら寿司
↑で、帰りに店内で売ってるカードパックを買ったら良さげなキラカードが出た!というのが話のメインです。 
気になって公式サイトを見てるうちに「むてん丸大百科」というカード図鑑が発売されてることを知ったのですが、これを公式サイト通販で注文するとキャライラストラフ集と限定カードが付いて来るとか!!
「すし屋なのに力入れてるところが違うだろう!」とか、「あざとい!!」とか、「こんなのに騙されない!!!」とか色々あって・・・・・・
タコ娘
欲望には勝てなかったよ(´・ω・`)
ラフ集は6ページで内容としては図鑑の巻末に入る予定だったもの別冊にしたような感じなのですがギッシリ載ってますし、どのみち図鑑を買うのであれば限定カードも付く公式通販で買った方がお得だとは思います。
ただ代引きは使えず、カードかコンビニ支払いしか出来ないのでご注意を。


★(´・ω・)つ「とりの助」のラーメン

http://www.torinosuke.biz/
くら寿司と同じ敷地内に出来たラーメン屋。
写真はつけ麺と醤油チャーシュー麺(※3D写真)なのですが、個人的にはこのお店の名物「鶏そば」が凄く好みの味です。
あっさりとした味ながらも少しとろみのある鶏がらスープなのですが、そこに焦げ目の入った香ばしいチャーシューを解しながら食べると、その香ばしさがあっさりスープに馴染んでより美味しくなります。


★3DS「ファイアーエムブレム覚醒」
絆
これが・・・絆!
ということで「ファイアーエムブレム覚醒」を最近プレイしております。
マイユニットは顔とか声とか色々組み合わせて作れるのですが、大好きな前髪パッツン+ロングヘアーがあったのでこいつを選ぶしかなかったのです(´・ω・`) 女キャラの告白シーンが見たかった・・・。 

プリペイド2プリペイド1
<難易度>
「ファイアーエムブレム」シリーズはSFCで初めに出たやつをプレイしたことがあり、そのときに元々の高難易度に加えて仲間が死んだら復活しないとか、自由にレベル上げが出来ないということでクリア前に挫折した経験があります。
今回の「覚醒」では従来の仲間が復活しない「クラシックモード」と、死んでも復活する&どこでもセーブが出来る「カジュアルモード」が選べることに加えて、その中からさらに3段階の難易度が選べるようになってます。
私は先にも書いた様に過去シリーズを難しいという理由から挫折してしまってるので、今作ではカジュアルモードで一番簡単な難易度でプレイしてます。
そうするとちょっと後悔するぐらい温くなるというか・・・・ボスキャラが一突きで倒せるぐらい簡単になってしまいます。 
なのでスパロボ経験者ぐらいだと、難易度はふつう以上で始めるのが良いかもしれません。
そう言うと「ファイアーエムブレムといったら手ごわいシミュレーションじゃないの!?」とおっしゃられる方も居ると思いますが、難易度を上げるとフリーバトルで普通に死ねる難易度になるそうですよ。
さらにそれ以上の高い難易度も用意されてるそうなので従来のファンの方も手ごたえのある、そしてシミュレーション初心者の方にも安心して最後までプレイ出来るように調整されてるかと。

<育成>

ストーリーとは別にフリーバトルがあるので、何度でも戦闘を繰り返しレベル上げが出来ます。 さらにジョブチェンジを繰り返すことでスキル集めも出来ます。 
このシステムは「FFタクティクス」を思い浮かべていただくと分かり易いかと。
ジョブチェンジは上位クラスにも下位クラスにも戻ることが出来るので、やり込み要素としてそのキャラがなれる全ジョブのスキルを習得することも可能です。
ジョブチェンジ時に必要なアイテムも後半になると普通にお店で買えますしね。
スキルにも色んなものがあるのですが、個人的にお気に入りなのが「流星(ダメージ半減+5回攻撃)」「滅殺(一撃死)」「疾風迅雷(敵を倒すと1ターンに1度だけ再行動出来る)」です。
マイユニットを作るときに特技を技にしてたので、2回行動中いずれかのスキルが発動するようになって爽快です。
他にも能力アップスキルもあったりと、組み合わせ次第ではもっと強力な効果になるものが多そうです。

<支援>
味方ユニット同士が隣にいる状態にあるとき確率で援護攻撃や防御をしてくれる「デュアル」、2人の仲間を1つにまとめる「ダブル」というのがあります。  これはスパロボである援護システムと部隊分けに似た要素ですね。
これがスパロボと違うのは戦闘中にいつでも自由に組み合わせが変えられることと、回数制ではなく確率だということです。
戦闘中に自由に編成が出来る事でのメリットは、例えば後援ユニットは攻撃を受けないという設定を使用して体力が少ない仲間を「ダブル」として組ませて守ることが出来たり、それを移動力の高いユニットで行うことで臨機応変に対応が出来たりと、仲間が死ぬと復活出来ない「ファイアーエムブレム」というゲームにおいては結構重要になってくるシステムになってます。
また「デュアル」発生は確率なのですが、同じ仲間同士で「デュアル」か「ダブル」のまま戦闘を繰り返すことで高感度が上がり、その確率も上げることが出来ます。
「ダブル」のデメリットとしては手数が減ってしまうので、「○○を守れ!」とか敵の増援がどんどん出る戦闘では不利になったりします。

<結婚>
「ドラクエ5」のように異性と結婚出来ます。子供も出来ます。そしてその子供もユニットとして戦闘に参加します。
もっと言うと他のキャラの間で生まれた子供とも結婚出来ます。
どれだけのイラストとテキストを用意してるのだろう・・・・・。
注意点は支援率S=即・結婚になってしまい、その支援率も上がり易いので、後半仲間になるキャラや他のキャラの子供と結婚したい場合はそれまでに無駄な「デュアル」「ダブル」をしないように調整しないといけません。
また結婚時の告白シーンはマイユニットと結婚した相手分しか見れない為に、全キャラの告白シーンを見たい場合は何十週もクリアする必要があります。
あと一部の女キャラはマイユニット以外の男キャラとの支援率が上がらないようになってるので(チキとか)、その場合はマイユニットを男にして結婚させる以外に子供を作る方法がありません。

子供の外見は母親によって固定で、父親の髪の毛色が子供の髪の毛色に引き継がれます。
能力の引継ぎはよく理解していないのですが、父母両方のスキルを覚えてる子供が出来てたので何かしら法則はあるみたいですね。

<すれ違い通信>
自分が育てた部隊を登録することで、すれ違った相手の部隊と戦うことが出来ます。 
これに勝つと相手のマイユニットを仲間に出来るので、マイユニットオンリーの部隊も作れるということに。

<追加コンテンツ>
●有料(課金タイプ)
まるす
http://www.nintendo.co.jp/3ds/afej/dlc/dlc_0502.html
↑こちらは課金をして追加マップ+歴代主人公ユニットを入手するタイプです。
ゲーム中のストーリーとは全く関係ない単発的なマップなのですが、戦闘曲などが当時のレトロなものになってたり、クリアすると歴代主人公をパーティーに加えることが出来たりと完全にファンアイテム的な内容になってます。
もちろんここで入手したキャラもジョブチェンジを繰り返すなどして育てることが出来ます。
●無料(いつの間に通信タイプ)

↑こちらは電源を入れた状態で3DS本体を閉じてると自動的に配信されるタイプの追加コンテンツです。
1日1回歴代キャラが混じった部隊が配信され、それに勝ったりすると仲間に出来ます。 
他にもアイテム配信があったり、今後マップ配信とかもあるそうなので、上記で紹介した課金に興味が無くてもソフト単品で長く遊べる要素になってます。

<気になるところ>
歴代キャラのグラフィックが使いまわしが多くてキャラによっては髪型とかも全然違ってるところが残念なのと、ストーリー展開が全体的にアッサリ目だったところです。
ストーリーに関しては長々と引き伸ばされても進むのが面倒になってくるので調節は必要だと考えてるのですが、「覚醒」に関しては逆にもう少し引き伸ばして盛り上げても良いんじゃないかなぁと思う場面がいくつかありました。
「こいつ、もう倒しちゃうの?」みたいな。

長々と書かせてもらいましたが、個人的にこのゲームに対して評価が高いところは、「ファイアーエムブレム」というタイトルを省いてシミュレーションゲーム部分だけを見たとしても色んなシステムが詰め込まれてて面白いところ、そしてゲーム中のロード時間が一切無くて戦闘もサクサク進むので快適だという部分です。
キャラデザインと音楽もまた良いんですよねぇ。 特にフリーバトルとラストバトルで流れる曲が凄くお気に入りなので、クリア後で追加されるサウンドテストで聞きなおしたりします。
結論としましては、シミュレーションなんてプレイしたことが無い方から、今までのシリーズファンの方にも幅広くお薦め出来るほど良い作品になってると思いますよ。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ★刑のひとり言★, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。