FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


進化ゲームボーイカラー専用ソフト「コトバトル 天外の守人」・・・・・

以前、ここのブログの拍手コメントにメッセージを送ってくださった方がこのゲームの開発をされてたスタッフの方で、失礼ながらそのときに初めて知ったタイトルだったので「これはプレイしなくては!」と中古で探しても見つからず・・・・・・
そんな「コトバトル」が3DSバーチャルコンソールソフト(※600円)として購入出来るようになったので、早速ダウンロードしましたよ!!(゜ω゜)

http://www.alphadream.co.jp/kotoba/main.html
ゲームのジャンルはRPGで、モンスターを召還して戦っていくといった感じです。
雑魚敵を倒すと確率でそのモンスターのカードを落すので、そうやって手札を増やしていきます。

戦闘システムは独特なところがあって・・・・・
●モンスターが場に残ってても主人公が倒れると負け。 また20枚の手札が0枚になっても負け。(※防御コマンドがあるので、カードを使いたくない場合はやり過ごせる。)
●主人公の前に3箇所召還出来るスペースがあり、配置されたモンスターは基本的に正面の相手しか攻撃出来ません。(※持たせた武器のよっては攻撃範囲が変わる。)
その3箇所の内、空いてるスペースに敵が攻撃してきたら主人公にダメージが入ります。
対人戦はこのやり取りで先に相手を倒したほうが勝ちです。
●FFシリーズにあるようなアクティブゲージの概念があり、強いモンスターを召還する時や、モンスターの攻撃によってかかる時間は色々です。
要するに強力な攻撃は発動前に時間がかかるというデメリットがあるということです。
●モンスターを召還するカードは他にアイテムと魔法とに使い分けることが出来ます。
例えば「火」というカードは召還として使うと火の魔物が、アイテムとして使うとモンスターに持たせる武器に、魔法として使うと主人公が直接攻撃出来るといった感じ。
●使ったカードは履歴が残ります。
例えば「火」と「力」のカードを続けて使うと「火力」と履歴が残るのですが、そのときの文字が熟語になってる場合に強力な技が使えます。
「ロックマンエグゼ」シリーズのプログラムアドバンスのシステムのイメージですかね。
・・・・・ざっくりと戦闘システムの紹介をするとこのような感じなのですが、これが上手くバランス調整されてるんですよね。
しかもゲームボーイという限られた容量内で。

↑グラフィックに関してもビジュアルシーンが所々にあったり、使いまわしのグラフィックが少なかったり、戦闘でのモンスターのドット絵の動きなどなど、凄く丁寧に見栄え良く仕上げられてます。
ゲームボーイという昔の作品なのにも関わらず中身が完成されてるので古さを感じることなく楽しめ、でも懐かしさというかレトロなところも感じられるので、興味がある方は是非プレイしてみてください(*・ω・*)


★買い物
3DS「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D」と、3DS「ギルド01」を購入しました。
とりあえず先にドラクエの方からプレイしてます。
引き換え松ちゃん
今作はGBとPSで発売されてた「テリーのワンダーランド」のリメイクに当る作品なのですが、「ジョーカー」シリーズのシステムに近く、モンスターの数も600種類以上のボリュームと、初期に比べると大分印象も変わってます。

↑相変わらずの3枠モンスターの大きさにビックリするというか、突然音楽変わって巨体が通り過ぎると心臓に悪いというか・・・・。
グラフィックもポリゴンに光源処理やシェーディングが付いてるので、鎧の光ってる部分やヌメヌメ感が綺麗に見えてます。
音楽も豪華に。

●期間限定配信モンスター
http://www.dragonquest.jp/terry3ds/haisin/

四国は「スラ忍オレンジ」が配信中!!  今後も色々と配信されると思いますが、どれも期間限定なので忘れないようにしないと(´・ω・`)  ゲーム中の配合では作れないモンスターが意外と多いという・・・。

●ダンジョン内でたまに出現する人間キャラに話しかけるとマスター同士の戦闘になるのですが、この時相手の出してくるモンスターをスカウトしてゲットすることが出来ます。
急に場違いな強さのモンスターや、前作では配信限定だったレアモンスターを出してくることもあるのですが、キャラに話かける前にセーブしておいてスカウト失敗→リセットの繰り返しで何度でも同じモンスターに挑戦出来ます。


↑スカウト率たった1%で「バルボロス」ゲット出来たーー!(゜ω゜)
かなり序盤の段階でこのモンスターは破格の強さ。
じぇのだーく
↑この方法で「ジェノダーク」や「はぐれメタルキング(※すぐ逃げる)」などもゲット出来ます。
それにしても「はぐれメタルキング」は、このゾッとする感じの大きさと外見が癖になりますね。
ランクSSモンスターでも「しもふり肉」を2個使えば10%ぐらいにはなるので、後はそれでスカウト成功まで粘ればレアモンスターも手軽に手に入りますね。

●すれ違い通信
一度に8人とすれ違えて、尚且つすれ違った人にデータを30人分保存しておけるようになった。
勝敗の結果だけをすぐに出せる。
配信用パーティーと、戦闘用パーティーと分かれてる。
・・・という風に色々と便利になってます。
ただし、ランクAモンスターしかスカウト出来ないので注意です。
配信
↑ということで、普通にレアモンスターを配るだけではつまらないかなぁと思い、ちょっと意地悪なすれ違い通信用のパーティーを組んでみました。
気に入ったモンスターをスカウトしてやってください。

他には場所移動は「ルーラ」で快適ですし、配合の条件やモンスターの入手方法も温くなってるのでストレスを感じずプレイ出来ると思います。
しいていうなら戦闘での攻撃モーションがちょっと長いやつがいるので、倍速モードとかあれば良かったかなぁと。
しかしながら長く、楽しく遊べる要素が詰まってるので個人的にはかなりお薦めですよ。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ★刑のひとり言★, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。